えっ!!こんなことしていたの!?深田恭子の意外な出演作を調べてみた

皆さんこんにちは。

今回は女優の深田恭子さんの過去の出演作で

現在あまり知られていない意外な出演作をまとめてみました。

 

深田さんの今のキャリアでは絶対やらないであろう作品や番組を

皆さんはいくつご存じでしょうか?

 

調べる内に発見した意外な作品をシェアしましょう!!

いぬ会社DS

意外な仕事第一弾はまずはこれ

いぬ会社DS

でしょう!

 

いぬ会社とは,2007年12月から2008年3月までBSフジにて放映された

犬が主役のシチュエーションコメディー。

本物のイヌが会社員や重役に扮し、俳優やタレントが声を担当する

CGを多用したドラマです。

 

その犬たちの声を担当していたのがお笑いコンビの

おぎやはぎ、大泉洋さん、戸次重幸さん、若槻千夏さん。

 

内容は犬たちが人間社会ならぬ犬社会で繰り広げる

緩くてシュールなオフィスライフ。

 

この作品はDVD化され評判も

  • とてもほのぼのしてて良いです
  • なにげない犬の表情がとってもカワイイ
  • とってもシュールなんだけど、いぬがしゃべってるくだらなさがクスッと
    笑えるのがこの面白さなんだなと思います

 

等々好評のドラマでした。

私はこんなドラマがあること自体知らなかったのですが、

個人的に好きな部類のドラマですし、

機会があれば見てみたいと思います。

 

さてこの「いぬ会社」ですが2009年の3月に

株式会社サイバーフロントがニンテンドーDSで

発売し、その主人公のキャラの声優に深田恭子さんが抜擢されました。

 

深田さんは主人公の白い雑種の犬役を担当しました。

他の共演者は俳優の沢村一樹さん、山崎裕太さん、亜希子さん(元SDN48)

などバラエティーに富んでいます。

 

ゲームの概要はプレイヤーは主人公の犬を操作して、

他のキャラから聞ける噂話を駆使して

与えられた使命を果たしていくアドベンチャーゲーム。

 

テレビ版のゆるーい雰囲気も再現されており、

ゲームの途中で特定の条件を満たした場合にフルボイスで

コントイベントが発生したりと原作ファンにも飽きさせない

仕組みになっています。

 

このゲームの評判も

ゲーム内の声優の豪華さにも惹かれ色々探し回りやっと購入致しました。
楽しみにゲームを進めていったのですが、ゲームの操作方法は単調で同じことの繰替えし、ドロドロした噂でむかつく上司を飛ばす事に専念し、話を進めていくのですが、もう話は全て決まってるのでその通りに進めるしか無く、ゲームとしては自分で考える事が殆どできないので面白さに欠けます。ストーリーもいまいち・・・拍子抜けでした。

可愛いワンちゃんにつられて手にしてみたら、予想もしなかったドロドロの社内政治ドラマでした。

引用;Amazon いぬ会社DS|ゲームソフト

以上のように単調だったりドロドロしていたり、

面白みに欠けるという評価が多く、

決して子供用に作られていないのが分かります。

ゲームの裏話

ではこのいぬ会社DSの裏話を・・・

普段の深田さんで・・・

このいぬ会社DSの監督はコメディ系のドラマや舞台を多く担当している

福田雄一さんが担当しています。

 

その監督に深田さんはどう犬の役を演じれば良いか

相談したところ「(バラエティー番組で)人の意地悪なエピソードを

聞いて爆笑している深田さんの様な感じで」

と言われ素のままで演じたそうです

会社の課長や部長におすすめ!?

このゲームの発売を記念して行われたトークセッションにおいて、

深田さんと共演している沢村さんも今作を気に入っている様子で、

会社のOLが上司にどう思っているかがよくわかるので

部長や課長に特にオススメだそうですよ。

サト

気になる方は是非入手してプレイしてみては?

 

ピアノアルバム『Dear…』

1999年にインストピアノアルバム『Dear…』を発売。

4歳からピアノを習っておりアルバム5曲中2曲

自作曲が収録されています。

 

特筆すべきはこのアルバムのプロデューサーがチェリストの溝口肇氏だということ。

溝口さんは世界的に活躍するチェリストであり作曲家でもあります。

あの「世界の車窓から」のテーマ曲も作ったのは溝口さんです。

そんな溝口さんが深田さんをイメージして書いた

「Indigo In The Sky」をはじめ、

全曲で編曲を担当しています。

彼のファンであれば必聴のアルバムです。

 

また、ピアノの腕を活かしフジテレビの「新堂本兄弟」で

堂本ブラザーズバンドでピアノを担当していました。

アルバムの評判

さてこのアルバムの評価ですが

  • BGMとして使える曲がある
  • とても心地よいメロディーです
  • 歌詞が無いので癒し系
  • コンピュータを多用したアレンジで、主役のはずのピアノの音色を生かせてないように思った

 

 

など賛否分かれていますが概ね良い感想が多いようです。

ちなみに深田さんは平行して歌手活動もしていましたが

2002年に「深田恭子&The Two Tones (ザ・ツートーンズ)」名義の

シングル「ルート246」を最後に歌手活動は終了しました。

サト

今では女優のイメージが強いので歌手やアーティストの印象はありませんね・・・

きょーこ先生の空想保健室

2011年7月にNHK教育で4回シリーズで放送した教養・バラエティ番組。

深田さんはこの番組でMCを務め深田さんが扮する保健室の「きょーこ先生」が、中学生から寄せられた悩みに応えるという人生相談形式で展開されます。

 

共演者は当時全員中学生だった私立恵比寿中学、俳優、作家の宮崎吐夢さん、

俳優の山崎大輝さんなど。

 

内容は
 「どうしても好きな人ができない」

「仲良くなった新しい友達を呼び捨てにするタイミングがわからない」

など中学生がリアルに悩んでいる問題をコギャル(当時)や、

一流アナリスト、人生のベテランなどを呼び出して回答を導いていくというもの。

 

当の深キョンはドSキャラになったりして質問をバッサリ切ってしまう

事もあったようです。

中学生100人に街頭アンケートをとり、その結果を私立恵比寿中学のメンバーが

ミュージカル調で発表したり、メンバーがいろいろな格言を言うコーナーがあり、その格言の多くがアントニオ猪木氏の言葉だったりと、

かなり攻めている内容の番組でした。

番組の評判

この番組の感想は

  • シュール
  • NHKにしては攻めている番組
  • 意味不明なぶっ飛び番組
  • かなりパンチが効いてて他に類を見ないくらい面白い番組

等などNHKらしくない番組作りが功を奏し

カルト的人気があったようです。

 

残念ながら4回放送されただけでレギュラー化は

かないませんでしたが、

深田さんの普段とは違う貴重な一面が見られた番組でした。

サト

NHKにしては攻めすぎた内容だったのでさすがに続編はありませんでしたね・・・

まとめ

以上3点が深田さんが関わった意外な出演作品でした。

今では忘れかけている方や、全く知らなかった方も

この記事を通して知ってもらえたら作者冥利に尽きます!

 

これからも色々な方の意外な情報をピックアップして

記事にしていきますので是非ご期待下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

こちらもどうぞ↓↓

参考 深田恭子はなぜ結婚しない?いつ頃するのかを占ってみた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください