吉高由里子の過去の出演作「花子とアン」「検察側の罪人」の評判と裏話を調べてみた!!

皆さんこんにちは。

今回は女優の吉高由里子さんの過去の出演作品の中でも

評判の高い「花子とアン」と「検察側の罪人」の評判と裏話を

調べました。

初めて知る方もいらっしゃると思いますので

皆さんで共有しましょう!

サト

果たして世間の評判や裏話は如何に!?

花子とアン

2014年のNHK上半期の朝の連続テレビ小説シリーズの

第90弾。

赤毛のアンの翻訳で知られる村岡花子の物語。

 

このドラマの原作は村岡花子の義理の孫に当たる村岡恵理さんの著作

「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」が原案になっています。

 

吉高由里子さんが主人公の村岡花子を演じ、共演者は

仲間由紀恵さん、伊原剛志さん、室井滋さん、鈴木亮平さん、

賀来賢人さん、黒木華さん、土屋太鳳さんなど

が出演されています。

脚本は「ドクターX][ハケンの品格」などで知られる中園ミホさん。

番組のナレーションは美輪明宏さんが務めました。

 

あらすじは赤毛のアンの作者モンゴメリやウィーダのフランダースの犬

といった欧米児童文学の翻訳者村岡花子の生涯が描かれた物語。

全体の平均視聴率は22.6%で好評を得られたようです。

 

ドラマの評判

ではこのドラマの評判はどうだったのかを

調べてみました。

  • 最初から最後まで、素晴らしかった!吉高ちゃん、大好きになった!朝ドラで一番好き。
  • 朝ドラ史上演出が一番好き
  • 途中仲間由紀恵が主役?となったほど、蓮子さんが印象に残っている

引用:Filmarks

など主演の吉高さんや仲間由紀恵さんの演技を評価する声が多く、

共演していた窪田正孝さんに癒やされたという声も挙がっていました。

やはり視聴率が高いので好評ですね。

 

では否定的な意見をまとめてみると・・・

  • あまちゃんと比べるとユーモアが物足りなかった
     
  • なぜ花子が生徒から信頼される先生になったのかなどエピソードにそれまでの過程が全く描写されていないのが残念。
  • 後半は主人公を持ち上げる人ばっかりで微妙に感じた…

引用:Filmarks

と言ったように脚本や物語の構成がイマイチだったと言った

意見が挙がりました。

 

原作があるものをドラマにするとどうしても変更したり、カットしなければ

いけなかったりと内容が変わってしまうのは仕方ないことだと

認識するべきですね。

ただ、多くの方は大変面白かったという評価を下していますので

大成功ではないでしょうか?

撮影の裏話

では花子とアンの裏話を集めてみました。

美術サイドのこだわり

この花子とアンというドラマは明治・大正・昭和と

時代が移り変わっていくストーリーですが、

その変化の具合を映像に見事に落とし込んで表現していました。

 

花子が女学生時代のシーンの撮影には愛知県の博物館明治村でロケを

したり、群馬大学での撮影や山梨県の甲府のオープンセットで撮影など

様々な場所にロケを行っていたようです。

 

山梨での撮影ではロケが冬の極寒の中行われ、

吉高さんは相当大変だったと語っており、

花子の母を演じた室井滋さんは霜柱が立ってる中で

履いてるわらじを脱がされたり、調理のシーンでは

火を扱っている内に二酸化炭素中毒になってしまったりと

かなり大変なロケをさせられたと語っています。

英語の特訓

主人公の花子は劇中で英語をしゃべるので

吉高さんは英語の猛特訓を受けたのだとか。

その吉高さんを指導した塩屋孔章さんによると

英語をきれいに話すというよりも、“伝えたい”という思いをセリフに込められるように指導したんです

引用:女性自身

以上のような指導理念があったようですよ。

口の周辺の筋肉や舌の使い方を吉高さんの顔の近くで見ながら

指導をし特訓を重ね本番では見事な英会話をするシーンを

撮影できたようです。

 

その塩屋さんの誕生日に指導のお礼として吉高由里子さんご自身で焼いた

チーズケーキをプレゼントしたのだとか。

これには塩屋さんは感動し奥様と2人で食べたのだとか。

とても良いエピソードです

サト

出演者・スタッフのこだわりがこのドラマの成功を呼んだのですね!!

 

 

検察側の罪人

雫井 脩介原作の小説。2018年の8月に公開された

木村拓哉さんが主演を務めた時効をテーマにした司法ミステリー映画。

主人公の最上毅役を木村拓哉さんが務め、共演者には

嵐の二宮和也さん、吉高由里子さん、八嶋智人さん、

キムラ緑子さんなどが出演されていました。

 

公開3日間の動員は44万7000人、興収は5億8000万円と

大ヒットしました。

 

あらすじはベテラン検察官の木村拓哉さん演じる最上の元に

かつて指導していた二宮和也扮する沖野が配属され、

ある事件をきっかけに様子が変わってしまった最上の秘密を

沖野と事務官の吉高由里子さん扮する橘が共に調査していくという物語。

 

監督・脚本は「わが母の記」「関ヶ原」で知られる

原田眞人さんが務めました。

ちなみに原田監督は過去に役者として映画「ラストサムライ」に

出演したり、「スターウォーズ」の翻訳監修と演出を担当されたことも

あるようです。

 

映画の評判

では検察側の罪人のネットでの評判はどうだったのか?

まとめてみました。

まずは良い意見から。

  • 二宮和也さんの演技に圧倒して魅入った
  • 木村拓哉演じる最上が闇に堕ちてゆく。落ち着きの中に隠している憤りと葛藤を目力でうまく表現していたと思う
  • 全ての人間がそれぞれに思惑を持って行動しているのが分かりやすく描写されている説得力のおかげで非常に観やすい

引用:Filmarks

等など主演の木村さんや二宮さんの演技に圧倒されたとするコメントが

目立ち、この陰湿な映画をジャニーズにやらせるのはすごい贅沢と言った

意見も聞かれました。

 

やはりベテランの木村さんや二宮さんの演技に注目が集まってしまうのは

仕方ないにしても、吉高さんを始めとする脇役の存在も光っていたとする

意見もあり、それだけに見た方にはインパクトのある作品という

イメージを植え付けることに成功したようです。

 

では反対に否定的な意見はどうか?

  • 全体的に重苦しい。途中、よくわからないとこがあった。
  • 吉高由里子さんとの突然の恋愛展開は、原作に沿った進行なのか無理がありすぎて冷めてしまいます…。
  • 予想はしていたけど、原作とは少し違う感じ。
    映像化するということは、いろんな制限が出てくるんでしょうね。

引用:Filmarks

などの意見が挙がりました。

特に最後の終わり方がすっきりしない、後味が悪い

という意見が多く、見た人に任せるという感じなのでしょうか?

これも制作側の意図的な演出なのかも知れません。

 

撮影の裏話

ではこの映画の裏話を集めてみました。

吉高さんは柔軟剤!?

撮影現場ではたびたび張り詰めた空気感がその場を

支配しますが、吉高さんはそんな空気をものともせずに

行動がとれる人のようです。

 

木村拓哉さんのインタビューによると吉高さんは

現場がシリアスなシーンの撮影の時でも平気で『拓ちゃん、元気?』

とフレンドリーに聞いてくるのだそうです。

それを見て二宮和也さんが『お前それはねえだろ』『いい加減にしろ』

と現場を和ませていたのだとか。

その後は「拓ちゃん」から「拓にぃ」に変わったのだそうです。

 

また、吉高さんが台詞で難色を示した時は監督から

「じゃあその分、二ノ頼む」

と代わりに言ってもらったりする様子を見て

木村さんは「吉高さんは柔軟剤」

と表現しています。

吉高さんから見た木村・二宮の印象

撮影の待ち時間の合間に近くにあったノートにキリンの絵を

描こうとした吉高さんでしたがキリンの鼻が分からず木村さんに

お願いして書いてもらう事に。

 

すると木村さんは上手に書いたそうでびっくりしたのだとか。

その後木村さんから二宮さんと吉高さんさんに日本地図を書くように言われて

書いみたものの吉高さんは石川県以外はサッパリ書けなかったみたいです

(ちなみに二宮さんは上手に掛けていたそうです。)

 

吉高さんから見た木村さんの印象は気さくな人で大きく包み込む人と評し、

全員の食事代金を払う男気じゃんけんをしたときでも

木村さんは勝ってごちそうしてくれたりしたそうで、

「さすがスター」だと思ったそうです。

 

二宮和也さんに対しては順応性がありミスもないものすごい努力のかたまりの人

と評しています。

また、現場に私服で来た時の印象は「虫取りに行った少年」だと

思ったそうです。役柄とギャップがありますね!

サト

お二人に共通していたのは役に入るスピードが速いことだと吉高さんは語っていましたよ!

まとめ

今回は「吉高由里子の過去の出演作「花子とアン」「検察側の罪人」の評判と裏話を調べてみた!!」

をテーマにお送りしました。

吉高さんは個性的で誰にでも気兼ねなく話しかける事が

出来る明るい方だと個人的に思いました。

だからこそ色々な現場に呼ばれる人気女優さんになったのだと

思いました。

 

2020年の秋には映画「きみの瞳が問いかけている」

が公開予定の吉高さんですがますます勢いが加速して

トップ女優になれることと思います。

 

皆さんも応援しましょう!

では今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください