水川あさみの過去出演作で演技の評判が良かったドラマ「わたしを離さないで」について調べてみた

皆さんこんにちは。

今回は「水川あさみの過去出演作で演技の評判が良かったドラマ「わたしを離さないで」について調べてみた」

というテーマで記事を書いて行きます。

このドラマは水川あさみさんが出演されたドラマの中でも

演技に関しては特に評判が良く、

ネットでも評判が良かったのです。

 

では、水川あさみさんの今作での評判はどのようなものだったのか?

調べてみましたので共有しましょう!

サト

果たして結果は如何に!?

わたしを離さないで

2005年に日系英国人作家のカズオ・イシグロさんが原作の

『わたしを離さないで』をドラマ化したもので、

2016年の1月期より金曜ドラマ(夜10時~)の枠で放送されました。

カズオ・イシグロ作品が映像化されるのは世界で初めてだそうです。

原作ではイギリスが舞台ですがこのドラマでは日本に

置き換えられています。

ドラマのあらすじ

このドラマのあらすじは隔離された施設で育ったある使命を与えられた

子供達が過酷な運命を知らされ絆や愛を生きがいにする

ヒューマンドラマ。

 

主人公の保科 恭子役は綾瀬はるかさん。

自分が一番でないと気が済まない、勝気で小悪魔的な性格の

酒井 美和役を水川あさみさんが務めました。

 

他の共演者は三浦春馬さん、柄本明さん、井上芳雄さん

等が脇を固めています。

作品の特徴

このドラマはある使命を背負っていることを知らされた

三人が絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとする

サスペンスでもありヒューマンドラマでもある

重く悲しいテーマを題材にしたドラマです。

 

視聴者に生きる意味や命の尊さを問いかけるドラマです。

ここまでネタバレに注意して書いていますが

重いテーマの中にも感動できる上質の映像作品であることは

間違いありません。

脚本は連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)や「JINー仁ー」の森下佳子さんです。

生きること、愛することに真摯に向き合う3人の葛藤を描いています。

ドラマにおける水川あさみさんの役どころ

ではこのドラマにおける水川あさみさんの役どころについて

お知らせします。

酒井美和について

水川さん演じる酒井美和は陽光学苑のクラスにおいて、

ワガママで誰よりも上に立ちたいと思う自分の欲求に正直な

人物です

恭子のものをほしがったり、うらやましく思ったりと

ある種素直であると同時に絶対的と思われたい人物。

 

水川さんは美和を演じるにあたり「怒る」「悲しい」という

感情が何層にもなっていて全部表現するので、

複雑な感情の奥行きを演じるのに苦労したようです。

役を演じるに当たり

水川さんはインタビューで、

「どんな役を演じるにも脚本を読んだときの直感を大事にしている」

と話しました。

 

直感的にその役に共感できるかがポイントで、

脚本から得たイメージや感情を大事にしているそうです。

素直で主張の強い美和が持つ絶対的な正義があるということを

難しくもあり楽しいと語っています。

本当に演じる仕事がすきなのだなと感じました。

だからこそ出来る深い演技は必見ですね。

サト

役の方から水川さんを選んでいる感じがしますね!!

ドラマの評判は?

ではこのドラマの評判を調べてみます。

  • リアルタイムでやってた時、あまりにテーマが重いのと、忙しい生活だった事から、6話あたりで断念してしまったのですが、ノーベル賞記念の今回の再放送で改めて一気に観ました。
    不覚にも号泣してしまいました。素晴らしかったです。
  • TBSに感謝します。多分他の局なら短縮されてたほど視聴率も悪く、問題あると訴えもありました。しかしブレずに全部放送した。綾瀬はるかさん、三浦春馬さんの演技が大変良かったです。水川あさみさんは見てるだけで心が痛くなりました
  • 。「わたしを離さないで」は、放送時は否定的な意見が多く、視聴率も低かったが、見応えのあるドラマだった。臓器移植の為だけに作られたクローン達の葛藤や差別、切ない恋が繊細に描かれていた。

引用:https://tv.yahoo.co.jp/review/290934/

など絶賛の声が相次いでいます。

重いテーマを扱ったドラマだったので視聴率自体は

平均6.8%と低かったものの、

生きる意味を考えさせられるドラマとして成功したのでは

ないでしょうか?

水川さんの美和の評判は?

役者の演技を評価する声が多く、

特に水川さん演じる美和には「切ない」「悲しい」

「ラストの迫真の演技が心に残る

等々、皆さん強く引きつけられた印象です。

 

重いテーマを扱うドラマだからこそ求められる演技力という

点では水川さんは間違いなくそこはクリアしていると思います。

現実の世界ではあり得ない架空の現実を見せるのがドラマや映画

だとすれば、演者は虚構の世界を彩るカラフルな筆なのではと

思います。

 

それぞれ形の違う個性のある筆ではあるが、

時には色を変えてその場面や場所を彩り、

塗り方も変えて表現力を増していく。

このドラマは美しく奥行きのある絵画のような作品だと

感じました。

サト

いろいろ考えさせられるドラマであることは

間違いありませんね!!

 

まとめ

このように見る人を引き込む程の演技力を持った

水川さんは女優として評価されていますが、

役に対する真摯な姿勢が見えてきます。

 

「直感を大事にしている」

とインタビューでおっしゃっていましたが

役の方から水川さんに向かってきているように

見受けられました。

実際、このドラマも水川さんの美和の熱演が一つの重要な

見所でした。

演じきることが出来たのもきっと直感という必然なのかも

知れません。

今後ますます水川さんの演技から目が離せませんね!

皆さんも応援しましょう!

 

今回は水川あさみさん出演の一つの作品を掘り下げてみました。

まだまだ評判を調べたいドラマはありますので

皆さんとシェアしたいと思います。

 

では今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください